そんなワケで好きなんです

好きなものヒトリゴト

7つの海 岩泉舞短編集

タイトル通り岩泉舞さんの短編集です

 

表題作が好きです

ちょっとトロめの主人公と、同年代の姿になってしまった主人公の祖父のお話

読み直してみれば「あれ、おじいちゃん?」とかなってしまうのですが、それでも二人の側に船が着く場面はとても綺麗

 

岩泉舞さんの作品では(多分)コミックス化されていないKINGを当時WJで読んだ記憶が薄っすらあり、とても良かった記憶があるのですが思い出せるのはタイトルだけという有り様

……タイトル、合ってるのかな?