そんなワケで好きなんです

好きなものヒトリゴト

そして誰もいなくなった

And then there were none

アガサクリスティーの小説

 

孤島に呼び寄せられた10人がマザーグースの唄の通りに死んでいく

 

現代日本を舞台に置き換えてドラマも作られました

外部と連絡がつかないという状況が、現代では難しいんだなと思わせる作品でした

 

マザーグースに触れるきっかけになった作品

 

クリスティーが監修した結末の違う舞台版があります

実際に観たことはないですが話の流れはこちらの方が好き